高齢者が行う終活の内容とは

人生80年と言われていましたが、もはや今の時代100歳間近まで長生きしている方も多くいます。

 

とくに女性の方が長生きしていますよね。

 

また核家族化が進んでいるため、「お一人様」などという妙な言葉まで聞くようになりました。

 

死に急ぐわけではありませんが、自分が死を迎えるまでに身の回りを整理することを人間というのはするのです。

 

いわゆる終活です。

 

終活は一般的に自分の葬儀、お墓などを前もって決めておくこと、遺言の作成など人生の終末に向けての準備のことを言います。

 

誰しも老いは来ますが、周りに頼れる家族がいて終末を迎えることに対して何も心配はないという人では、終活はしないと聞きます。

 

そんな中でも、遺影の写真は自分が気にいったものをと生前に撮りおきしておいたり、財産が多い人は後に争いを起こさないために遺言を細かく作成しているといったこともあります。

 

体が動くうちに、身の回りの整理をきちんとしておくことで、残された人たちが楽なようにと考えるのです。

 

同時に自分も安心してあの世に旅立ちたいという思いです。

 

死を迎えるまでの準備としているこの活動は、何も寂しさや悲しさを感じることはないのです。

 

自分の人生なのですから、始め方も終わり方も自分が考えたように進めていけばよい、私はそう考えます。

 

家族に迷惑をかけたくなければ、資金を確保した上で介護施設等に入居すればいいですし身内以外で頼れる相手、この人がいいと思う相手がいれば万が一のときのことをお願いしておくことでもいいと思います。

 

孤独死という言葉もありますが、はたしてこれだって本当に本人が孤独だと感じながら死を迎えたのかなんて誰にもわかりません。

 

自分ひとりだけの余生を望んで生活していた結果なのかもしれないですよね。

 

高齢者にとって、死を迎えるとうことはある程度の年齢になれば覚悟はできるものだと考えます。

 

それは自分の体は自分が良くわかるからです。

 

葬儀一つにしても、派手なものではなく質素にあげてほしい、またお墓に骨をうずめるのではなく散骨にしてほしいなどという希も周りにあらかじめ伝えておくことで心が穏やかになるものです。

 

こうして少しでも将来の不安をなくしていく活動を行っていれば、結果長生きするというものにもなるのです。

 

昔はこうした活動は無かった、自然に周りの者が後処理をしてくれたという意見をもつ人も多くいますが、時代の価値観が今「終活」というものを生み出したものだと思います。

 

族の中で生きてきて、最後は個になるのです。

 

ひとりでは終末を迎えることが難しくなっているという人たちには、なんらかのサポートは必要になってきます。

 

そのままほったらかしということはできません。こうした判断や活動をサポートするということも終活の一部だと考えます。

食事介助は介護を行う上で非常に大切なこと。

食事は人間が生きていく上で欠かせないことであり、高齢者になってもそれは変わりません。

 

介護施設などでは自分で食事を摂れない人も多くいますので、介護職員がそれを介助して食事を食べてもらいます。

 

食事介助をする上でのポイント、どのような点に気を付けていけば良いのでしょうか。

 

食事を楽しみにしている高齢者は多い

 

高齢になりますと体を動かすことが億劫になり外出機会も減って、楽しみが徐々に少なくなっていくと言われています。

 

そんな中食事を楽しみにしている人は多いです。

 

高齢者施設でも献立表を毎日チェックしている人もいますし、部屋で過ごすことがほとんどの人でも食事の時間になったら食堂に出てきます。

 

食事介助を行う上でのポイント

食事介助を行う際に上手く食べてもらうポイントとしては、急がせないこと、声をかけることです。

 

急がせないというのは、高齢者施設で働いていますと時間に追われてついつい焦って食事介助をしてしまいがちです。

 

私たちでもそうですが、急いで食べる時ほど詰めやすく、むせたりします。

 

それが高齢者になりますと、少し急いだ場合でもそれが起きることもあります。

 

ゆっくりと飲み込みを確認しながら食べてもらうようにしましょう。

 

声をかけるというのも大切なポイントです。

 

中にはミキサーなどで形がドロドロの物を食べる人もいます。

 

高齢者からしてみれば何を食べているのかわからないまま、食べている状態になってしまっています。

 

何を食べているのか認識してもらうことによって、安心して美味しく食事を摂る事が出来ます。

 

食事中に亡くなる人は非常に多い

介護の事故の中でも食事中の事故は死亡に繋がりますので、十分注意が必要になります。

 

食事中に喉を詰まらせてしまい、窒息死というパターンが非常に多いです。

 

その為、基本的には食事中は常に全体が見える位置に座って食事介助をすること、排泄介助などで持ち場を離れる場合は、必ず違う職員に声をかけるなどの対応を行いましょう。

 

美味しく食べてもらうポイント

美味しく食事を食べてもらうためには、いくつかのポイントがあります。まずは温度に注意してみましょう。

 

介護施設などでは時間の関係でどうしても温かい食事が冷めてしまったり、冷たい物が常温になってしまったりします。

 

ある程度温かい、冷たい方が口の中に入れた時に噛みやすく飲み込みやすいですので、適温にしておきましょう。

 

むせないポイントとしては、少しづつ食べてもらうことです。大きなスプーンなどで介助を行うのではなく、小さなスプーンでゆっくり食べてもらうことを心がけましょう。

高齢者の便秘の原因は、その人によって違ってきます。

高齢者が便秘になる具体的な原因

 

高齢になると、体の筋力は衰え、内臓の働きも衰え、神経も衰えてきます。
こういったことが重なって、高齢者は便秘の悪循環にはまってしまい、そのため、さらに健康の質を落とすということがよくあるのです。

では高齢者が便秘になる理由とは、何か、具体的にあげてみましょう。

 

1 腹筋や内臓筋の低下

 

便を外に出すのには、腹筋が要りますよね。


おなかの力が必要なのはそれだけではなく、腸をしっかり支えることで、しっかりした便が作られるからです。


腸の筋力も同じで、腸の筋力が落ちて、たるんでしまうと、便を外に押し出す力、快便を作る力がなくなってきます。こうして便秘になるのです。

 

2 神経伝達能力の低下

 

年を取って衰えるのは、筋力だけではありません。脳の信号を体に伝える力が弱くなるのです。


つまり「排便したい!」という脳の声が小さすぎて、腸に届かず、そのまま排便を我慢することになってしまい、便秘の習慣がつくという悪循環になります。

 

3 食事量の低下

 

高齢になると、食事の量が減ってきます。そうすると便が増えず、お通じの習慣が減ります。腸の中に便が溜まらないので定期に外に出せないんですね。


また消化するものが少ないので、腸が働くための血流も低下します。そしてよけいに排便する力が落ちるのです。

 

4 水分補給の低下

 

高齢になると、体内の乾きに気付きにくくなると、よく言われますが、食事同様水分補給も減ります。


またトイレが近くなるのが嫌だ、という理由で、水分を控えめにしがちです。


そうすると、良い便が出来ません。便というのは粘土に似ていますが、粘土と同じように適度な水分を含むことで、外に出しやすい「いい便」が作れるのです。

 

5 薬の服用

 

高齢になると何かしらの持病が出てきます。そして何かの薬を常用している人も増えますが、薬の中には、便秘になりやすい副作用を持った薬もあります。


抗うつ剤高脂血症対策の薬、利尿剤など高齢の人に処方されやすい薬が、かなりあるのです。

 

6 持病がある

 

高齢になると、それだけ健康のトラブルも増えます。大腸ポリープや大腸がん、腸閉そくは、腸を狭くしてしまいます。すると当然便が通りにくくなります。


逆にいうと、便秘があまりにひどい場合はこれらの病気を疑う必要があります。

 

また便秘が長く続くと、それだけ腸を傷めます。そして便通が悪くなるだけで無く、腸の病気を呼び込むのです。

 

7 運動量の低下

 

高齢であっても、筋力をある程度鍛えれば、腹筋や腸の筋力の衰えは防げますが、高齢者の場合、腰やひざを傷めたという理由で、体を動かさなくなります。


新陳代謝が落ち、腸の働きも落ちてきます。

 

このように高齢者は便秘になるべくしてなっている、と言っても過言ではないのです。

高齢者向けのバリアフリー住宅

歳を重ねると、それまで問題なく暮らすことができた住宅にも暮らしにくい面が多く見えてくるものです。

 

リフォームで補える点もありますが、最初からバリアフリーを心がけた住宅設計にしておくと高齢になってからも安心できるものです。

 

家の中で最も事故が起こりやすいところは階段です。

 

高齢者の生活スペースはできるだけ1階を主としておくと安心できますが、昇り降りする用事があることを考えておきたいものです。

 

階段の形状が一直線だと、もしも滑り落ちてしまったときに大怪我につながりかねません。

 

それを防ぐためには途中で踊り場のある形状にするか、踊り場のところで曲がるタイプの階段が望ましくなります。

 

路面の先端に溝を彫って滑り落ちにくくしたり、路面の色を変えることで踏み外しにくくしたりすることも有効です。

 

手すりは身体を支えるために掴みやすく連続して設置するようにしましょう。

 

廊下をつくる際には、車椅子で通ることを考えて有効幅800mm以上が望ましくなります。

 

床の仕上げについては何よりも滑りにくくすることを考えましょう。

 

壁は手すりをつけることを考えて下地補強を施しておくとお勧めです。

 

ただし廊下の両側に手すりをつけると歩くのは何とかできても荷物や家具を運び込むのが難しくなる場合があります。

 

こうしたときには本当に手すりが必要かどうかを最初に見極めるようにしましょう。

 

つかまるものが必要であっても、人によってはしっかり握れる連続した手すりでなくてもいいことがあります。

 

玄関についてはできるだけ段差をなくすようにしましょう。

 

濡れても滑ることがないようにすることも大切です。

 

年齢を増すと目や足腰が弱ってきますので、開けやすいドアにすることや、照明を充実させるようにしたいものです。

 

車椅子の人がいる場合にはスロープをつけると共に、開口部の広さにも注意が必要です。

 

台所については、高齢になると視力が低下してきますので、調理の際には天井照明と手元照明を組み合わせて、調理台やガス台面を十分に明るくするようにしましょう。戸建住宅では窓を大きくして昼間は自然光を採れるようにするのが理想的です。

 

浴室については、脱衣・洗面室との段差をなくすようにします。

 

すのこを置くと簡便ですし、バリアフリーの建具を採用すると理想的です。

 

自立して入浴できる高齢者であれば座りながら身体を洗える洗体台を設けるといいでしょう。

 

歩行が困難な場合には背もたれと車輪がついたシャワーチェアや入浴用のリフトを採用するといいでしょう。

80歳で20本の歯を残すための8020運動とは

020運動とは満80歳で20本以上の歯を残そう、という運動で厚生労働省日本歯科医師会により推進されている。

 

1999年の歯科疾患実態調査では80歳の残存歯数は8本、20本以上の残存歯を持つ者は約15%。

 

2005年の歯科疾患実態調査では80歳の残存歯数は10本、20本以上の残存歯を持つ者は21.1%。

 

残存歯数20本以上が増加。

 

2000年において、国民健康づくり運動にて、2010年までに20本以上の残存歯を持つ者を20%とする事を目標とする。

 

2013年東京都港区みなと保健所は80歳で20本以上の歯のある区民が50%を超えた、と発表した。

 

このときの全国平均は38%であり、国の目標は2022年度までに50%にすることとしている。

 

みなと区は10年早く目標を達した。

 

20本という数字は、自分の歯で食べられるための必要な歯数のことです。

 

歯の本数と食品を噛む(咀嚼する)能力を調べた結果、おおよそ20本残っていれば、多少固い食品でも、そこそこ噛めることが科学的に明白になっています。どんな世代、年齢層でも歯が20本以上あれば、咀嚼状況は良好のようです。

 

そこから20本目標数字が出されたようです。

 

厚生労働省の発表データによると、8020運動がスタートした時は8020を達成している高齢者(後期高齢者)は、10人1人以下でした。

 

平成23年の調査では37%が達成していることが分かりました。

 

しかし半分以上の人が歯が20本ありません。

 

歯が少なくなってくると、噛む力が弱くなり、軟らかい食べものを好むようになります。

 

そうするとますます噛む力が弱くなり、老化の進んでいきます。

 

歯も鍛えることが必要です。噛みごたえのある食物を、しっかり噛むことが大変大切です。

 

よく噛む、よく咀嚼すると脳の老化を遅らせる効果があります。

 

全国の地方自治体がそれぞれ、口腔衛生の普及に努め、運動の展開を行っています。

 

その成果が確実に効果が現れていますが、高齢者の増加に伴い、達成していない高齢者の数も増加傾向ですから、一層の強力な運動展開が必要でしょう。

 

歯の欠落はほとんど歯周病が原因です。加齢は歯周病になる環境因子を高めています。

 

日本人の成人の80%が歯周病や歯茎の病気にかかっていると思われます。

 

歯周病は肺炎、骨粗鬆症、糖尿病、心筋梗塞、癌、などの病気と深い関わりがあります。


大変怖い病気です。

 

例えば肺炎です。


歯周病を引き起こす細菌は歯周病患者の口の中に多くいます。

 

こういう人は細菌を肺に吸い込む可能性があります。特に高齢者の患者で嚥下障害を持つ人で、歯周病にかかっている人は細菌を肺に吸い込む危険性があります。

 

食物を食べた時に、通常ですと、そのまま食道に行くのですが、嚥下障害で気管支に入り込んでしまうわけです。


これを誤嚥といいますが、これが原因となって肺炎を引き起こすわけです。

 

口腔内をきれいに保つことが、取りも直さず、歯の残存本数を増やし、健康寿命を延ばすことに繋がります。

高齢者にもオススメ ~ハンドトリートメント~

 

アロマテラピーの代表的な利用法の1つに、トリートメントがあります。

 

植物油にアロマオイルを混ぜたものを身体に塗り、マッサージをすることでアロマオイルの有益な成分を血液中に取り込み、全身をめぐらせることが目的です。

 

アロマオイルのトリートメントは、サロンなどに出向いて施術してもらうのが一般的ですが、服を脱いだりする必要があり、費用もかかるので、なかなかやってもらう機会がありませんし、抵抗があるという方もいらっしゃると思います。

 

実は私もそうです。


マッサージなどは気持ちがよいのでしょうけれど、どうも服を脱ぐ勇気が出なくて、一度も利用したことがありません。

 

さて、私のことはさておき、高齢者の皆さんはそういったマッサージなどにはなじみが薄く、サロンなどに足を運ぶことは滅多にないと思います。

 

でも、アロマオイルのリラックス効果やリフレッシュ効果は、高齢者の方にこそ必要な場合もあります。

 

そこでオススメなのが、服を脱がなくても受けられるハンドトリートメントです。


腕をまくるだけでOKです。

 

よくあるマッサージのように強い力で押したりもんだりするものではありません。


腕を軽くなでる程度の軽い刺激で、アロマオイルの成分を皮膚から血管へ吸収させます。

 

実はこういったスキンシップ自体が、心を和ませるという効果を発揮するのです。


「タッチング」というのでしょうか。

 

手に優しく触れながら、世間話でもしてもらえたら、気持ちが明るくなると感じる方もいらっしゃると思います。

 

参考までに、オススメのアロマレシピをご紹介します。

 

植物油(ホホバオイルなど)  10ml
アロマオイル          1滴

以上をよく混ぜる。

 

アロマオイルは高齢者にもなじみやすい柑橘系の香りのものを選ぶと、割と受け入れてもらいやすいと思います。

 

ただ、柑橘系のオイルは肌につけたあとで紫外線に当たると有害ですので、使用に当たっては充分注意が必要です。

 

特に、「ベルガモット」というオイルは要注意です。

 

香りの感じ方は人それぞれですので、いくつか用意しておいて、気に入ったものを選んでもらうのもいいと思います。

 

また、作ったトリートメントオイルは早めに使い切りましょう。1ヶ月以内を目安にするとよいと思います。

 

病気などによっては使えないアロマオイルもあります。(以下に記します)その点にも気をつけるようにしてください。

 

高血圧・・・ペパーミント、ローズマリーなど

てんかん・・ペパーミント、ユーカリ
      ローズマリー、シダーウッドなど

腎臓の障害・・ジュニパー、フェンネル
       ブラックペッパーなど

敏感肌・・・サイプレス、ジュニパー、
      ティーツリーなど

 

アロマトリートメントの実施については、できればきちんとした知識のある人に指導してもらってください。

 

全国のアロマショップなどの店員さんでもいいですし、社団法人「日本アロマ環境協会」に問い合わせてみてもいいと思います。

 

上手に使えば人生をとても豊かなものにしてくれるアロマテラピー


介護疲れのご家族のリラックスのためにも役立つかと思います。

 

ぜひ生活に取り入れてみてください。

高齢者問題点の多い老老介護

高齢者問題は様々なものがあります。

 

その中でも一番問題になっているものは老老介護ではないでしょうか。

 

昔と違い、長生きする人間が増えています。

 

また、健康志向という世の中でどんどん高齢者が増え続けているのです。

 

少子化と言うのも問題です。

 

子供がいない夫婦は当然夫婦間だけで介護をしなければいけなくなってきます。

 

施設等に入れてしまえば費用の問題だけで他は特別困ることはありませんが、中には施設にはいりたがらない人もいます。

 

こうなってしまうと高齢者が高齢者を看なければいけないことになるのです。

 

これは何も子供がいない夫婦だけの問題ではなく、子供がいても家族の関係が希薄になっていると老老介護という事態に発展していきます。

 

介護というのは、とてつもなく大変なことなのです。

 

日本人の特徴なのかもしれませんが、老いている人で介護が必要な人のほとんどは、家族や介護士に自分が迷惑をかけているという気持ちをもっています。

 

何も長生きしていることが悪いことではないのに、生きている自体が悪いという気持ちでいるのです。

 

これはとても寂しい感情ですよね。

 

施設に預けてるような人は、それでも心も体にも余裕があります。

 

しかし自宅介護の形をとっている人は大変です。

 

24時間看護しているのと同じですから・・年齢が上にいくほど体力にも限界が出てきますし、疲れも抜けきらないものです。

 

結果的には介護をしている側が疲れ果ててしまうケースがほとんどです。

 

年老いた人間が年老いた人間を看て行くとうことがどれだけ大変なのか、こうしたことを若い世代の人たちには理解をして欲しいと思います。

 

誰しも必ず同じように老いは来ます。自分は大丈夫だと考えていても悲しい事に老いはくるのです。

 

高齢者の増加と核家族化、そして少子化という大きな問題点を改善していかなければ、今の日本の福祉はどんどん悪い方向へ向かっていってしまいます。

 

介護士側の意見としても、もっと待遇をよくして人員を確保して対応にあたることが、負担を減らしながら最善の介護をしてあげられるのではないでしょうか。

 

老老介護という言葉も、今の時代を適切に言い表した言葉だと思います。

 

こうした問題はなかなか解決することはありません。

 

老いた人間が介護をしていくということが、どれだけ大変なものかは、経験したものにしかわからないでしょう。

 

しかし、少しでも負担を軽くしてあげられるものだったら、施設の状況もそして子供を安心して産める社会へと日本も変わっていくべきだと思います。